2006/2/28(火)
今日は一日曇って寒い。最近暖かかったのに真冬に逆戻り。プールに行く。

 今日1カ月ぶりに同郷のイーさんにお会いした。風邪やら歯痛でお休みだったそうだ。 70歳でパソコンのメールを頑張イーさんは、基本的な事もご存じないので大変だ。 要らなくなったメールの捨て方、画面を大きくしたり、下に置いておいたり、ふたを閉じて休んで、 又開いてキーボードを叩いたら又画面が映ること。知らなくても困りはしないが、知っていれば便利な事。 メールの写真の添付の仕方など。急遽お宅にお邪魔して、教えてあげる事になった。
 お宅で、お昼をご馳走して頂いたのだが、次から次から美味しい手作りのおかずが出てきて、 モモママババを思い出してちょっとジーンとした。最後に不二家のシュークリームも美味しかった。

 しかしながら、よーく教えてあげて、何度も自分でもやって見たのに、ちょっと時間が経つと忘れちゃうのだ。 仕方がない、70歳だもの。やり方を書いた紙を置いてきたので、何度もやって習得すると仰っていた。 努力家だ、イーさんは。




イーさんがインターネットで始めて取った写真。
メールで添付して私に送った。
 
 
イーさんが撮ったイーさんのお宅。今は亡き御主人の設計で、 玄関だけでモモ兄の部屋より大きいかも。





2006/2/27(月)
今日は晴れ後曇り。プールに行く。

 土曜日に詰めた歯が未だしみる。昨日あたりはうがいの水もしみてしばらく痛かった。 今日になって快方の兆しだが、あごの方まで痛くなるので気分も優れない。少し時間が経つと治るので そんなには心配はないと思われる。

 今日のプールでは、やはり体の痛い話を聞く。66歳の女性だが、以前の私のように肩が痛いのだそうだ。 気になって仕方がないというお話だった。織田信長が歌って舞ったように、戦国時代、日本人の寿命は50歳前後 だったらしい。栄養も行き届き、良い薬も開発されて、今や平均寿命は80歳を超える。体の寿命に頭の寿命が 追いつかない状態を「ボケ」と言うのだそうだ。呆けないまでも、体のいたるところが痛んで来るのも 致し方ないことであろう。何処も痛くない中高年は居るのだろうか? プールに来て健康に人一倍気をつけている人でも この状態なのだから、皆何処か悪いのだろう。ガマンガマン。(我ながら愚痴っぽくてやな感じである。)

 トリノオリンピックが終わった。メダルを一番沢山取ったのはドイツで、クロスカントリーが強かったのだそうだ。 お隣の韓国はショートトラックが俄然強い。それぞれ国民性にあっているのか?




クロスカントリー距離男子50km、優勝したディチェンタ




近所の寒椿、可愛いピンク。





2006/2/26(日)
今日は朝から雨で寒い。雨の日は気分もパッとしない。

 特段変わった事もない日曜日。お昼寝したいから早めにスーパーに買い物に行く。 今日でオリンピックも最終日。アルペン男子回転の皆川賢太郎が4位に入賞した。大したものだ。 見てなかったのだが、大きな口を叩いていた佐々木明は棄権となっていた。半分近くが棄権とは、難しいコースなのだろう。 わずか0秒03差でメダルに届かず3位に届かなかったのも残念。もう一つメダルがあれば良かったのに。

 昼寝してディズニーの映画 「プリティー・プリンセス2」を見る。ある日突然プリンセスとなってしまったごく普通の女の子の戸惑いと奮闘を ロマンティックに描き大ヒットした「プリティ・プリンセス」の続編。今回は、プリンセスとなったヒロインに、 王位を継承するためには30日以内に結婚しなければならないという試練が与えられる。
 ディズニーの映画ならではのハッピーエンドで幸せな気分になれる仕上がりになっている。豪華な宝石、ドレスが素敵。 ジュリー・アンドリュースの衣装がとってもお洒落で綺麗。誰のデザインか気になるほどだった。懐かしい ジュリー・アンドリュースの歌声が聴けるのも嬉しい。映画全体の色合いも計算されているのだろう。 その辺にある小道具も色が綺麗。次回作も出来そうな感じ。




アルペン男子回転 4位の皆川賢太郎
   
 
100円ショップが閉店で割引。1個24円のビニール袋を6個買う。モモのトイレ用ビニール。 パンチで穴を開けて紐でくくると、バラバラにならず便利。


  何処へ行くにもこの袋。一応レスポートサックだが、人が見れば唯のズタ袋。オークションで1万弱を 1900円で買った。これが便利、軽くて柔らかい。バックがない訳じゃないし、滅多に東京にも行かないのに、 何故だかコレを持って行ってしまう。


  
    犬と猫も可愛い。

     ★★★★★





2006/2/25(土)
今日は朝から晴れ暖かい。プールは休み。

 今日は錦糸町に、削った虫歯に詰めに行く。大枚を支払いため息。 残りは左上の2〜3本でお終い。

 帰りの電車の正面に素敵な男性外国人がいた。年の頃は30前。いやもっと若いかも知れない。 顔はちょっとギリシャ系の感じで、俳優の 「ジュード・ロウ」 「ジョージ・クルーニー」を足して2で割って、ちょっと崩した感じ。申し訳ないがジロジロ見てしまった。 写真を撮らせて頂きたかったが、さすがに言えない。
 服装は至ってシンプル。ベージュのTシャツ、同じくベージュのカッターシャツ。ちょっと濃いベージュ薄手のブレザーに 黒のシングルの打ち合わせのスプリングコート。少し擦れが入った濃い紺のジーンズ。靴もベージュのバックスキンのウォーキングシューズ。 襟が立っていたので、モデルかも?
 悪口で申し訳ないが、私の隣の男性は、同じ背丈、同じ年頃なれど、つま先のとんがった派手々の靴と、 ピンクのセーターがいやらしく、真のおしゃれは、さり気なく、似合ったものが良いと感じさせる対照的な2人であった。 目の保養が出来た。




本屋で見る。売れ筋は「般若心境」と店員が言っていた。
   
 
私は欲しいのは 化学。普段から???と思っていたことが沢山載っていた。


    ジュード・ロウ
髪の毛、瞳はブラック。顎におしゃれなひげを生やしていた。





2006/2/24(金)
昨日と一転朝から曇り後雨で寒い。夜には雪が降るとか言っている。プールに行く。

 モモ兄の学校が休みで、最近朝起きるのが遅く、今日起きてテレビをつけたら「君が代」が流れていた。 荒川静香はどうなったのかな?と思っていたのでビックリたまげてしまった。 緊張を感じさせない荒川の演技は安心して見る事が出来た。 表彰台でも日本人の荒川静香が一番スタイルが良いのも時代だろうか?  オリンピック、終わってしまえば荒川の為だったって感じ。おめでとう!

 私の好きなコーエン選手は右足の付け根を傷めて完璧な演技が見られなくて残念に終わった。 ミシェル・クアンの代わりに急遽選ばれたエミリー・ ヒューズも溌剌とした演技がとても良かった。




美しいトリノ、バイアスロンのコース。
(日本では銃刀法により警察官か自衛隊しか選手になれないらしい。)
   
 
荒川はコントラストのハッキリした衣装が好きなのか? 


 
まるでフランス人形のようにチャーミングなサンシャ・コーエン。


 
オリビア・ハッセーのジュリエットのようだと思ったら曲が「ロミオとジュリエット」だった。 またまた一番好きな衣装だった。


 
手に汗握るカーリング決勝スウェーデン対スイス。 金メダルのスウェーデンの最後の選手は上手すぎた。(青いの着た人。)





2006/2/23(木)
今日も晴れて暖かい。3日続けて行ったのでプールは休み。

 朝、モモの散歩でシーちゃんママに会った。シーちゃんママは働き者で、 朝一番から家の周りの掃除をしていた。 私が「正月前に草取りしたゴミが未だ捨てずにそのままになっているんです。」と話したら、 驚いた顔で「それはいけない。30個有っても一日一個づつ捨てれば30日で捨てられるわよ。」 で仰るので、素直に受け入れ今日のうちに全て捨てた。 ついでに、昨年末に引っこ抜いたつつじの根っこの砂をはらってゴミ袋に入れる。結構な重労働だった。

 民主党の議員のホリエモン送金問題が何故だか嫌で、ワイドショーやニュースを見るのが嫌になる。 オリンピックを見る為にBS1を見る事が多い最近は、(我が家は配線が複雑で普段BSは見れない。) 世界のニュースを見ることが多い。アメリカのCNN、韓国も興味深い。中国、中東のアルジャジーラ、フランスなど。 同時通訳で放送するのだが、今日面白い事に気がついた。
 ドイツ語は日本語に訳すと時間が足りなく、大急ぎで 話すので聞き取り難くなる。合理的な国民性のドイツは言葉も端的で合理的らしい。それに比べて、 石原慎太郎に数の数え方でバカ呼ばわりされたフランス語は、日本語に訳してもゆったり聞こえる。 映画の和訳でも分かる様に英語は無理がなく、韓国語は文法がそんなに大きく異ならない為か、話し方の誤差程度。 こんな事考えて我ながら暇だな〜 と思う。

 昨日、映画「キャットウーマン」 を見る。大手化粧品会社に勤める主人公は、ある晩、会社の反社会的秘密を知り命を落とす。 しかしその瞬間、不思議なことが起こり、彼女は超人的な猫の能力を持った「キャットウーマン」として生まれ 変わる。主演はオスカー女優ハリー・ベリー。まあ何てナイスバディーなことだろう。作り物か?とも思うが 惚れ惚れする。しかしあんなに肌を露出しなくても良かろうに。バットマンは見たことないが、スパイダーマンみたいな感じ で面白かった。




白梅が咲いた。
   
  
 次回作も出来るのだろう。

     ★★★☆☆





2006/2/22(水)
今日は晴れて暖かく、4月の陽気。プールに行く。

 今日のプールの化粧室での話。旦那さん80歳が耳が遠くなり、補聴器を両耳つけているが、一個25万円もするのだそうだ。 片方だけではダメらしい。お風呂や寝るときは外すので、朝起きた時は聞こえない。因って起きた時の 「おはよう」の挨拶も、聞こえないのでしないという話。「そういう時は、肩に手を当てて、おはようって 言えば良いんじゃないですか?」とふざけて言ったら、「それはあなたが家に帰って言いなさい。」と言い返されて 一同大爆笑。

 トリノオリンピックフィギュア女子ショートプログラムが行われた。 日本で言うなら荒川静香がピカイチだった。堂々と滑って良かった。 村主章枝もしっとりと綺麗に滑っていた。村主の曲、スパニッシュギターの「悲歌 トスカ オリージャ」 は、韓国ドラマ「バリでの出来事」で流れていた。有名な曲だったとは知らなかった。
 安藤美姫は如何だろうか? 人気ほどの実力があるとは思えない。荒川静香だって最初のオリンピックでは あんな感じだったと思う。期待の掛けすぎはかわいそうだ。もっと歳に合った溌剌とした曲の方が良い思う。

 肩こりの原因に気が付いた。オリンピックのアルペンを毎日見ているが、気が付くと体を左右 に動かし、私も一緒に滑っていた事に気がついた。体に力が入る訳だ。ハッキリした事は言えないが、 オリンピックが始まってから痛くなった様な気がする。


 

米国のコーエン選手の演技。一番好きだった。
衣装も可愛い。一番気に入った。
   
 
この衣装は如何か?真ん中の白いのがちょっと・・・  



スパニッギターに合わせてフラメンコのイメージで。


 
ワダエミのデザイン。映画では素晴らしかったが、ダンスの衣装としては如何なものか? NHKのアナウンサー似合わないとけなされていた。 


 
金メダル候補、ロシアのスルツカヤ選手。紫にも見える紺のズボンの衣装にオレンジのスパンコール が素敵。





2006/2/21(火)
今日は曇り。プールに行く。

 プールで、スタッフの60歳を過ぎた義理のお母さんが、スノーボードをやっているという話を聞く。 スキーの腕前もそれ程でもなかったというので、私にも出来ると励まして頂く。 やって見ようかスノーボード。若くないので、先ずはレッスンを受けねばなるまい。

 数日前から「たこ焼き」が食べたかった。 出来合いは8個300円で家に持ち帰った時には冷めているので美味しくない。 今日スーパーの火曜特売は、冷凍食品全品4割引なので、加ト吉のたこ焼きを買って帰った。 改良品との事だけあって、ふわふわで美味しかった。オタフクソースの上に鰹節と青海苔をたっぷりかけて、 マヨネーズをかけると、ほっぺたが落ちるほど美味しかった。半分残っているので明日も食べたい気分。

 昨日から映画「TAXI NY」を見る。 シリーズ3作までつくられたフランス映画「TAXI」をハリウッドでリメイクしたカー・アクション・コメディ。 舞台をニューヨークに移し、クイーン・ラティファ演じる女タクシー・ドライバーがひょんなことから 落ちこぼれの刑事とコンビを組み、神出鬼没の女銀行強盗団との息詰まる追跡劇を展開する。
 フランス版3作も全部見たが、やはりアメリカ映画はエンターテーンメント感覚が素晴らしい。 随所に笑える部分がちりばめられている。イケテル映画だった。お株を取られてはいけないと思ったのか? 主演は女性に設定されていた。

 トリノオリンピックのスーパー大回転は凄かった。メダリストは下位の選手とは同じ人間と思えぬ滑りをする。 どれだけトレーニングしたらあれほど速く滑れるようになるのだろう。




男子大回転、優勝したライヒの滑り





加ト吉の冷凍たこ焼き。
   
        
  25個で300円位。



「満足な食べ応え!」につられて買う。 う〜 美味しそだ〜


  
あっという間に見終わった。 おまけのNGシーンも笑える。

    ★★★★☆





2006/2/20(月)
今日は朝から寒い雨。プールに行く。

 今日はどんよりして何もする気が起きない。左の肩が凝っているのか痛い。肘まで痛く感じる。 又肩を痛めたかと思えばいっそう体が縮こまる。泳いで見ても痛みは感じないので、純然たる肩こりのようだ。 プールで体とお口を動かすと少しほぐれる。
 私の事を「個性的な人」と言われてしまった。 私ってそんなに変わり者だろうか? でも「居てくれるとホッとする。」とも言われたので 悪口ではないのだろう。でもほとんど気にしてない。

 昨晩、ヤフーオークションで先日落札した電波掛時計が届く。21000円の品が何と4200円。 振込手数料と送料を合わせて5200円だがもちろん新品。四国の時計のお店からの出品で、9800円なら直ぐ買える商品。  我が家2個目の電波掛け時計。一個買ったら正確な時間を知る安心感からもう一つ欲しくなった。
 クオーツの時計が出たときは「正確な時計が出来た。」と喜んだものだが、放って置くと直ぐ進む。 3分進むと限界で直すのだが、これではドラマの録画は正確に出来ないしチェックも遅れる。子供も学校に行く時に 当てに出来ない。(皆ギリギリ。)セイコーの商品は以前買ったカシオの商品よりもグレードが上だった。元々の 値段も高いのだが、コチコチと秒針が動かず、滑らかに動き音も静か。
 性格なのだが、インスタントラーメンを作る時、水も計量カップでちゃんと量るし、時間もタイマーで正確に測る。 モモ姉の話によると、アバウトな人も結構多いと聞いて驚いた。そんなこんなで、正確な時間が分かって少し嬉しくなった 私である。

 トリノオリンピックで日本の選手がパッとしない為に、誰を応援すると言う訳でもなく 毎日見ていると、競技そのものに興味が出てきた。どの位の競技数があるのだろうか? どんどん新しい競技が増えていくので、スケルトンとリュージュの違いも良く分からなかった。
 いわゆる普通のスキー競技は「アルペン」と言うらしいが、種目は思っていたよりずっと一杯あった。 ルールもそれぞれ異なる。知って見ると楽しみも倍増だ。他の競技も大体同じ。
 どれ位種目があるのか調べたら 「トリノオリンピック特集」の良いページを見つけた。これがあるとちょっとした物知り博士になれる。 知識をひけらかして自慢するのも良いだろう。

   

オーソドックスなフォルム。


  
ツタヤで貰ったシネマハンドブック。



ジャンル別に分かれていて便利。 見たい映画が直ぐ見つかる。





2006/2/19(日)
今日も曇りがちで寒い一日になった。

 今日は朝一番から美容院に行ってカットしてパーマをかける。 モモママババが私の年位の時に、「白髪になる前はその部分がかゆくなる。」と話していたが、 実感出来る今日この頃である。数年前に右のこめかみが異常にかゆく、薬など塗ったりしていたが、 最近になってかたまって白髪になっている。その話を今日美容師さんに話したら、 そう言う方が多いと話していた。モモママババの話も適当でなかったらしい。

 私は知らなかった。その人の存在も、そんなに凄い人だと言うことも。 彼女の名前は 「ヤニッア・コステリッチ」 クロアチアのアルペンスキーの女子選手で、未だ24歳、 モモ姉の一つ上。先のソルトレークオリンピックでは3個の金と1個の銀メダルを取るも、その後大怪我による度重なる手術(膝や肩) とリハビリを乗り越え、今日アルペン女子複合のゴールドメダリストになった。
 昨日NHKのBS1で彼女の紹介をしていた。そこで彼女は「怪我は私にとって悪い事ばかりではなかった。 治療の間休めたし、スキー以外の事も出来た。そんな風に私は物事をポジティブに考える。」と話していた。 若干24歳の女の子が言える言葉だろうか? もちろん生まれてからの環境もあるだろうが見上げたものだ。 まあ、だからメダルもいっぱい取れるのだろう。
 競技直前まで体調も悪く優勝を危ぶまれていた。最後に解説者が「彼女にとっては、体調の不良も、競技の順延も 直前に長い時間待たされることも全く関係ないないのだろう。凄い選手だ。」と感動していた。 私もいっぺんにファンになった。もっと早く知りたかった。
 今回のオリンピックは日本のメダルは未だない。でもメダルなんて如何でも良いではないか。 今までやって来た事の結果であって、実力以上の結果を望んでもそれはラッキーに過ぎない。 ヤニッア・コステリッチを見るにつけそう思う。




女子複合後半滑降、優勝したコステリッチの滑走





男子スーパー大回転、安定した滑りを見せるオーモット





スピード男子1000m、黒人初の金メダルを獲得したデービス




2006/2/18(土)
今日は朝の内晴れも見えたが午後からすっかり曇って寒い。

 今日はツタヤとスーパーに行く。午後からモモパパの散髪をする。 短く切った時に、会社の人に「おじさんみたいになりましたね。」と言われた事に気を悪くして、と言っても 55歳は立派なおじさんなのだが。「短くしないで!」のたっての願いで、長めに散髪した。完璧!

 帰って借りてきたばかりの映画 「ターミナル」を見る。今まで全部貸し出しで借りられなかった。 突然の祖国消滅により出入国を禁じられ空港内で生活する羽目になった男が、 ある約束を果たす機会を待ち、周囲の人々とほのぼのとした交流を深めていくヒューマンドラマ。 スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演で、美しいキャサリン・ゼタ=ジョーンズ が共演。
 ハッピーな映画が好きな私としては大満足だった。見え透いたようなストーリーが酷評を貰っていたが、 見た後で幸せな気分になれるか? 感動したか? 為になったか? が私の判断基準なので、面白い映画だったと言える。 「空港ロビーは本物だろうか?それにしては昼間のシーンはどうやって撮ったのだろうか?」と考えながら見ていたのだが、 どうやらセットだったらしい。スピルバーグならあり得る。知って見たなら感激も倍増。
 トム・ハンクスは上手い。どの役でも優しい人柄がにじみ出ているが、本当に良い人なのかちょっと気になるところ。

 昨日の女子スノーボードクロスはすごかった。スノーボードクロスはスポーツでは有るが 駆け引き、運もあって面白い。4人が一斉にスタートし、うち2人が上にいけるとなると2,3番のつばぜり合いが激しい。 そこでもみ合って転倒するのを横目に、ずっと遅れていた4番手が追い抜いて2番手に躍り出る。 (日本代表の藤森由香選手がそうだった。)
 抜きん出た実力者はそんなこととは関係なしに初めからトップで、 ゴタゴタとは無縁。それでも、油断してラストパフォーマンスをしようものなら、思いもよらず失敗して、 ゴール目前で追い抜かれて金メダルが銀メダルになってしまう。(若いアメリカ選手がそうだった。)
 あ〜 まるで人生の縮図のような種目。 言える事は、あきらめない事。そうすればトップは無理でもそこそこ行ける。 解説者の「なんていうことだ!」 の言葉が鳴り響く。




獲物を狙う目は正しく狼の鋭さ。
   
  
韓国ドラマにも似たものがある。終わりよければ理屈抜きで全て良し。

      ★★★★★


     



2006/2/17(金)
今日は朝のうち雨、後曇り。プールに行く。

 今日のプールでの悲しい話。いつも話す方の話によると、 もう20年以上前の話か? 転勤で広島の三次の一戸建てに住んでいた時、 子供が学校からの柴犬の雑種の乳飲み子を拾ってきた。 犬が6歳になった頃、旦那さんは海外に単身赴任になり、残った家族は関東に引っ越す事になった。

 こちらの社宅はアパートで犬は飼えない。外犬だった日本犬は他人にはなつかないし、奥さん方のお祖母ちゃん に頼んでも断られる。困り果てた結果「犬を処分した。」と仰った。処分? つまり捨て犬センターに自分で持っていった と仰るのだ。なくは無い話だが、かわいそうで聞いていられない気分だ。 「胸が張り裂けそうだった。」とも仰った。

 モモの先生は先日「犬を飼うには資格が要る。」と仰ったが、 全くの話だ。転勤の心配が有る人が外犬を飼っては、こういう事にもなりかねない。 しかし考えようによっては、このワンちゃんは拾われた時点で処分されたかもしれない事を考えると、 「あなたに拾われて6歳までは幸せだったのだから、感謝しているに違いありませんよ。」とは話した。が、 まだ打つ手は有ったかもしれない。人事だとそう思える。




「モモ依存」のお母さんでモモは幸せか?
芋に釘づけのモモ。かわいい〜






2006/2/16(木)
今日は昨日と一転朝から小雨模様で寒さが逆戻り。プールに行く。 特に変わった事もない1日。

 今日はスノーボードクロスなるものをやっていた。ほとんど格闘技だ。 我が家の子供たちも、スキーではなくスノーボードばかりやっているようだが、 スノーボードのお陰で冬季オリンピックの楽しみが増えた。モモパパとも ボードをやって見たいと話しているが、(5年たったらもう出来なくなるだろうから、) 転ばないと止まれないみたいなので躊躇する。足が折れたり膝を痛めそう。

 昨晩、韓国映画の 「マラソン」を見た。  自閉症の障害により、5歳児並みの知能しかない20歳の青年が、走ることに興味を覚え、 母の大きな愛情に支えられながらついには過酷なフルマラソンに挑戦する姿を感動的につづった実話の映画化。 良くある心温まるヒューマンドラマかと思ったら、そんなに甘いものじゃなかった。 コーチに「息子さんがあなたを頼っているんじゃない。あなたが息子さんに依存しているのだ。」と言う台詞には ドキッとさせられた。自閉症は千人に1人だそうだ。決して少なくない。「息子より1日長く生きることが 私の望みです。だから私は百歳まで生きなきゃならないの。」と言う台詞も胸に刺さる。 障害者はお荷物になるだけなのか?考えさせられるとともに、一応、子供2人を 一人前に生ませていただいた事に感謝した次第。

 今日、ちょっと点けたスターチャンネルで 「アイ,ロボット」をやっていたのを見た。 “ロボット3原則”によって人間とロボットが共存する2035年を舞台に、ある殺人事件に疑問を抱く 一人の刑事とロボットとの熾烈な戦いを描く。主演は「バッドボーイズ」「メン・イン・ブラック」のウィル・スミス。 ウィル・スミスの映画は私の期待を裏切らない。まあまあ面白かった。             
 
風月堂の「ゴーフル」に似た味が美味しい。ゴーフルは子供の頃から 大好きで、贈答に頂いたら大喜びだった。ブルボン製。


 
これもブルボン製。モモパパが好き。今日スーパーで選り取り2個で 300円だった。森永と比べてイメージはB級だが、ブルボンは頑張っている。 


  
予想を裏切る良い映画だった。

      ★★★★★


  
ハラハラ、ドキドキ、でも心温まる映画だった。

      ★★★★☆


     



2006/2/15(水)
今日も晴れて暖かい。コートどころか上着も要らない陽気。プールは休み。

 プールに行ったらいつも車を駐車するスーパーが棚卸しで休みだった。 仕方がないのでプールは休み。帰りに郵便局に行ってモモパパババのマフラーを送る。 郵便局で缶入りの磁石を貰う。皆に配っていた。結構可愛いので気に入った。

 オリンピックも6日目に入っていよいよ男子フィギュアのショートプログラムが行われた。 いいね〜 上位の選手は皆スタイルも良くフェイスも上々。その上衣装も洗練されて楽しみ。 (個人的にはアメリカの選手の闘牛士の衣装がキラキラして一番好きだった。)ダンスなのだから見てくれもとても大切。 日本の高橋君のスタイルがイマイチなのは仕方がない、日本人だもの。




モモパパババのマフラーが完成。グリーンも素敵。





私のパソコンで写すと実物大。
     
 
 


       缶は「切手入れにどうぞ。」と書かれていた。使えそう。





2006/2/14(火)
今日も晴れて暖かい、部屋の中では汗が出るほど。プールは休み。

 今日は月に1度のモモの病院の日。おしっこの検査は異常なし。モモの心臓についても特に話は無かった。
 モモは、行きの車の中では「きゅーん、きゅーん」と鼻で鳴く。 しかし帰りはもう終わったのが分かるのか、鳴かない。今日は、帰りにツタヤに寄る為いつもと違う道に入った途端に 又鳴き始める。どうも道を覚えているらしい。そして又同じ道に戻った途端鳴き止む。おバカちゃんだと思っていたが 結構賢い。車酔いもしない。モモは車に乗るのが好きだから、病院が大好き。

 今日のオリンピックはスケートペアのフリーが注目。怪我をしながら頑張った中国の若いペアが素晴らしかった。 最初に「気が強そうな子だな。」と思ったが、半端な根性じゃなかった。      

テーブルの上のロールケーキ。モモがラブラドールなら食べられてる。 しつけがなってない証拠写真。



   
1月16日の「ボロちゃん」は「モモちゃん」だった。(近所はモモちゃんだらけ。) 私の耳が「ボロ」だった。



   
モモの餌。(アレルギー処方食)6,8キロで8400円。
1日100g食べる。犬の餌では一番高い。
上の写真にそっくり。




見るとオート小麦とカンガルーの肉。数々のサプリメントも食物繊維も十分すぎるほど入っている。 お陰でお腹の調子も抜群。






2006/2/13(月)
今日も晴れて暖かい。プールに行く。

 朝起きたら少しめまい気味だった。普段の暮らしには支障がないのでプールに行く。 おかしなもので、バックの姿勢で泳ぐと目が廻る感じ。立つとなんともない。 しかし3回も泳ぐと治ってしまった。血圧が低かったのか?(私は低血圧で今は更年期で血圧も上がってきたが、 数年前は下が30の上が90で「気分悪くないですか?」なんて聞かれた。)それとも血の流れが良くなって 気がアップしたのか? 具合が悪い時はじっとしてないで動けと言う事らしい。

 プールでパッチワークを20年もやっている方と話をした。20年前は旦那様の仕事の都合で本土アメリカで 習ったのだそうだが、家にある残り布などを使って作る、アメリカンパッチワークそのものだったそうだ。(当たり前か?)
 しかし日本に帰ってお教室に通うと状況は全く違っていたそうだ。お茶やお花じゃ有るまいし、師範制度があって 資格を取った人が教えられる制度だそうだ。上納金もあるそうだ。アメリカ人が聞いたらきっと笑うに違いない。 生地は高いものをそのためにわざわざ買って、バシャバシャ切って作るのだそうだ。出来上がった作品は さながら芸術品のようだそうだ。本などで見る大賞や金賞を取った作品は、大先生の覚えメデタイ人が 先生がかりで作ると聞いては、ほとんど油絵の世界だ。何だかヘンなの。今度、作品のポーチを見せてもらう事になった。      

モモパパを征服す。



  
16歳の「ロッキー君」。以前はロッキー君の家の前を通ると「ガウウウ」と吠えたが、 最近は年を取って大人しい。モモには紳士なワンちゃん。私も大好き。






2006/2/12(日)
今日も晴れ暖かい。特に変わった事なし。 午後から近所のスーパーに買い物に行く。

 トリノオリンピックが始まった。上村愛子ちゃんは健闘したが メダルには手が届かなかった。残念。ノーマルヒルジャンプの原田選手は思いがけない失格で 驚いた。本当は力がないのに代表に選ばれたので、本人のストレスも大きかったらしい。本人の気合も感じられなかった。 実力で行ける人を選ぶべきだったと思う。かわいそうな事だった。
 アメリカ国籍をとったフィギュアペアスケートの井上選手は、オリンピック初のスロートリプルアクセルも決め、 素晴らしい演技で感動した。恋人同士だそうだ、イイ感じ。
 2週間楽しめるが、トリノとの時間差が8時間で、夜に行われる決勝やフィギアスケートはオンタイムでは 見られないので残念。

 韓国映画 「僕の彼女を紹介します」を見た。正義感溢れる熱血婦人警官と心優しい高校教師との奇跡的な 恋がユーモラスかつファンタジックに描かれている。
 何と摩訶不思議でいけてる映画だった。主演のチョン・ジヒョンは「猟奇的な彼女」と同じ強気の女の子で、 同じような話かと思ったら全然違うストーリーだった。途中まで、「おかしい。暗い。韓国特有の映画じゃないか 、そんな訳ないのにがっかりだ。」 と思っていたら、期待に違わぬラストに驚いた。ラストで今までのつまらないのが帳消しになった。 う〜 結末を書きたい! そうは言っても「猟奇的な彼女」を見てない人には何のこっちゃで、この映画を見る前に 是非「猟奇的な彼女」を見て感動してもらってからをお薦めする。(私は「猟奇的な彼女」はベスト10に入る。) なんて事ない映画なのに最後にまたまた涙が出た。      

本日のおやつ。モモパパは道明寺の桜餅が好き。



  
スーパーの入り口につながれていたアプリコットの女の子のプードルの「プリンちゃん」。 人懐こく可愛い。すぐにお母さんが出てきたが、取られちゃうよ。



  
見終わった後、タイトルの意味が分かった。

  ★★★★☆





2006/2/11(土)
今日も晴れ暖かい。建国記念日でお休み。 日中は何処にも出かけず、パソコンをいじって過ごす。暖かさにコックリ昼寝もした。

 夕方4時半頃から夕食の為に出かける。小さい座敷とカウンターではあるが、あっという間に一杯になった。 1時間では食べられませんと言われたが、確かに無理だった。気の利いた食器にアイデアの盛り付けで 目も楽しめる。普段刺身を食べない私も活きが良いので美味しく食べられた。天ぷらは藻塩で頂いた。 アワビとフグのシャブシャブは2〜3切れでは寂しいが仕方ない。それにしてもアワビもフグも私にとってそんなに 美味しいものではなかった。モモパパは「宴会だ。」と言って、ビールの中ジョッキを2杯も飲んだ。 同じ金額を払うなら、私はイタリアンとか洋食の方が良いかも。まあ遅ればせの銀婚式祝いになった。

 昨日は映画 「きみに読む物語」を見る。認知症を患う婦人の元に、ある物語を語り聞かせる為に初老の男性が訪れる。 それは昔の南部での、ひと夏の恋の物語だった。裕福な生まれの少女はひと夏過ごす為にやって来た町で ある青年と運命の出会いをするのだが、引き裂かれてしまう。
 とても良い映画だった。少しきれい過ぎるぐらいだ。歳老いた二人と若い二人のシーンがサンドイッチのように なっているのも引き込まれる。ちょっとひねくれてしまった私は、「そんなに人生綺麗ならね。」な〜んて 思ってしまった。しかし映画なんだからまあ良いか。      

活きの良い刺身とフグの煮こごり。




若竹御飯とおすまし、鍋の具。




フグは値段ほど美味しいか?




炊き合わせ、道明寺に甘鯛の蒸し物春野菜の天ぷら。




抹茶のアイスがデザート。



     
初老役二人の芝居は上手い。胸を打たれる。

  ★★★★★





2006/2/10(金)
今日も朝から晴れ暖かい。午後から風が強くなる。プールに行く。

 プールの帰りに、ツタヤが半額なのでDVDを借りに行く。スターチャンネルで洋画を、 日本と韓国の映画は衛星劇場で見ていたのだが、韓国も飽和状態になってきたし、スターチャンネルも ホラーが多くて閉口気味。ここらで少しお休みして、合わせた金額分大体4千円弱を、 半額になったツタヤに充てることにした。第2、4火曜日は新作も半額だから十分だ。唯、エネルギーがいる。 何時まで続くか?

 最近行くようになった和食の店で会員になったら、ハガキが送ってきた。こんなに豪華で3129円。 結婚してこっち、ふぐを食してない。毎日はがきを眺め、遂に明日行く事になった。子供は連れて行かない。
 予約をする段になって5時なら空いていると言う。「う〜ん、5時ですか?」良く聞くと座席の指定は5時から7時まで、 「じゃあ6時に行って7時に済ませればいいんですか?」と聞くと、他のお客の都合もあるので、 1時間で食事が終わらない事があると言うではないか。フランス料理並みだ。こんなんで儲かるのか心配になるが、 私達以上に足しげく通う固定客が沢山居るのだろう。良い商売をすれば繁盛するのだ。

 昨日テレビ東京で映画 「隣人は静かに笑う」を見た。以前から見たかったのだがチャンスがなかった。 面白いが、恐ろしい映画だと聞いていたので少し敬遠していたのかもしれない。
 大学でテロリズムの歴史を教えている主人公が、隣に引っ越してきた一家が気になる。そのお隣を調べていくうちに、 彼らがなにか企みを持った集団の一員であることに気付き始める。 なるほど、恐ろしい映画だった。が、 筋書きが大変良く練れていて面白かった。普段はこの手の結末に納得しない私だが、「これもありかな。」の感想。




モモパパババのマフラーが完成。綺麗な薄紫はピンクにも見える。





美味しそうなので毎日眺めていた。
   
  
媚を売らない結末が良いが、有名な本の映画化だろうか?

   ★★★★☆





2006/2/9(木)
今日は朝から晴れ。家の中は暖かい。プールに行く。

 今日は特に変わった事なし。プールでの話し。ジャグジーで初老の方2人が話されていた。 「何時もお見かけしますね。」 「することがないからねえ。」 う〜ん。する事がないのか? 奥さんはきっと毎日家の仕事をしていらっしゃるのだろうに・・・・
 家に居ない事が邪魔にならないことなのか? 人生の終盤がこれでは寂しいではないか。 威張ってばかりいないで少しは家のことも手伝えばやる事も有ろうほどに。少しムッとした。  

モモパパのお土産。シフォンケーキらしい。




当然の事ながら、石で包んだ方が早く焼けて美味しい。 土鍋の時は石の出し入れに気を使って控えめにしたが、 ホーロー鍋では目いっぱい入れる。






2006/2/8(水)
今日は朝から晴れて暖かくなった。プールは休み。

今日はモモ兄の21歳の誕生日。本人はいらないと言うが、ケーキを買ってくる。 さすがに恥ずかしいのでローソクは貰わなかった。プレゼントもいらないそうだ。 20歳を過ぎると国民健康保険の加入が義務づけられている。学生の身分の時には休みの手続きも許されるが、 身体障害の保険の関係上入っていたほうが良いと言うモモパパの考えから、1年分まとめて立替? (本人は返すと言うが・・・)るのでまあ良いか。

 モモ姉と近所の丸井に最終バーゲンになっている靴を買いに行く。 ズック代わりの靴で茶色はハッシュドパピーで4800円。ピンクは7500円。モモ姉はピンクが好きで、 若いから良く似合う。




馬車道十番館のケーキ。
   

オバサンくさいが、ベルボトムのGパンに合わせると可愛い。




若いからこそピンクも良い。




お昼はホットドッグ。色合いが良いので写してみた。



  
モモ姉の借りた本。この題名で小説なのだそうだ。「φってどんな意味だっけ?」 と聞いたが良く分からなかった。以前習った事が有る様な無い様な。






2006/2/7(火)
今日は朝からとんでもなく寒かった。天気予報で午後から一気に最高気温が15℃まで上がって、 さくらの咲く陽気になると言っていたがウソだった。プールに行く。
 プール前には15℃と言っていたので、ロッカールームで「本当だろうか? 15℃になるならなってみて。」と話していたら、案の定、プールから出てラジオを聞いたら 8℃に訂正されていた。やっぱりね。気象庁には苦情の嵐だろう。

 今日からモモパパは九州に出張。と言っても明日には帰ってくる。出かけた後メガネを忘れていたのに気が付き、 駅まで持っていく。お土産を期待しよう! って事で今晩の御飯は当然手抜き。
 昨日はハンバーグだったが、何時も2回分作る。はてさて今日もハンバーグを食べようか? と思っていたところ、 朝の情報番組で「煮込みハンバーグ」を紹介していた。ハンバーグをデミグラスソースで煮込んだもの。 ちなみに、上に目玉焼きを乗っけて、ライスとサラダで1280円だった。これを頂いてうちも煮込みハンバーグにした。 デミグラスソースは「ハインツ」の缶詰で省略。

 常々人間歳が行くと「人柄は顔に出る。」と思っていた。プールで60歳過ぎで顔つきが意地悪そうな方が居て、 ずっと、きっと意地悪な方に違いないと思っていた。今日たまたま化粧室で話すのが聞こえたのだが、 声は甘えたように可愛く、人柄もすこぶる親切で良い方のようにお見受けした。勝手に思っていたのだから 失礼には当たらないが、きっとみんなにそう思われているに違いない。お気の毒だ。人の見方が変わった。 しかし本当は意地悪な方かもしれない。
 初老の男性も、おっかなそうな方が話して見ると以外に良い方で、笑うと可愛かったりする。しかしその反対 も有る。

 今日帰って映画 「くちづけはタンゴの後で」を見る。 18歳で家出してニューヨークに出てきた女の子が、男に騙され妊娠したあげく追い出された。あてどもなくさ迷う中、 ひょんな事で、知り合った大富豪の若妻と間違えられて思いもかけないことになってしまう。
 絶対有り得ないサクセスストーリーだが、私はこんな映画が大好き。余り注目されてないのかアマゾンでも ヨドバシカメラでも扱ってないらしいが、私には面白かった。




汚れなきモモ。 か、可愛すぎる・・・・
     
  
幸せな気分になれる映画。

   ★★★☆☆


  
やっぱり本職には負ける。






2006/2/6(月)
今日は朝から曇りで寒い。プールに行く。

 寒いのでモモにセーターを着せて行って、帰ってみたら敷物はくちゃくちゃになっている上に、 ソファーの上で寝ていた。オコタが外れて寒かったのだろうか?

 今日のプールでは、先日、映画を一緒に見に行く約束をして、良く出来た御主人を持つハーさんの話の続き。 若く見え、話も合うハーさんは何と64歳だった。
 良く出来た人のはずだったハーさんのご主人は、70歳を迎え最近体調が良くないと書いたが、 ご主人はそのせいでご機嫌ナナメという話を聞く。口答えこそしないが嫌な顔をすると、「なんだその顔は!」 と厳しく言われるそうだ。「お休みの土日がいやだわ〜」なんて悲壮的。 どんな良い人も、体調が悪いと嫌な人になると言う話。夢物語みたいな幸せな家庭はそうないらしい。

 ロッカールームで突発性難聴になって直ぐの人の話を聞く。実は私も数年前にかかった。 右耳が覆いかぶされた感じ。低い音が聞き取り難く、遠いジェット機の振動が耳に響くと言ったら分かるだろうか?  聞けば私とほぼ同じ症状だった。人によっては全く聞こえなくなる人も居るらしい。
 治療が遅れると手遅れになり直らない。1ヶ月がめどらしい。62歳の彼女は1週間目で随分良くなったそうなので きっと全治するだろう。私もちゃんと治った話をすると、大変喜んでいらっしゃった。自分で痛みを経験すると 人の気持ちも分かる様になる。人の為になれて今日は良い日だった。
 「スキューバーダイビングをするのがいけないのだろうか?」と気にしておられたが、 私の経験から「何かストレスは無いですか?」と聞くと、確信を持って有るそうだ。何だかスピリチュアルカウンセラーに なった気分。人は元気そうに見えても内は分からないものだ。      

携帯電話で初めて撮る。画素数が少ないがまあまあ使えるか?



  
早速、プールの帰りにスーパーの前に人懐こい黒のコッカスパニエルがいた。 おしゃれなリードと首輪をしていた。風景モードで撮ってちょっとピンボケ。



  
昨日ダイエーで1個千円で買う。長さ2センチ。



  
以前、本物と間違えられた事に味をしめて又買った。長さ2.8センチ。




黒い別珍のブレザーの襟につけると素敵! 幅3.2センチ。






2006/2/5(日)
今日も朝からカラッと晴れるがやはり寒い。寒さも今日が峠と聞くが如何だろう?

 今日は近所のダイエーが「日曜一の市」で安いのもが盛り沢山の上、カードで買うと5%になるので すごく混んでいた。レジには恐ろしい人の人が並んでいた。最近ダイエーは頑張っている。 ニュースではユニクロがダイエーとタイアップすると聞いたので大変楽しみだ。

 私の携帯電話はかなり古くなって、電池がすぐに切れてしまう為買い替えを考えていた。 先日モモパパが200万画素でテレビまで付いたものを7千円ちょっとで買ったのだが、その時は我慢した。 もういよいよダメで、同じものを買おうと思ったらもう新規しか駄目だと言う。 同クラスの物は2万円もすると聞いては手が出ない。
 そこでボーダーフォンショップになったヤマダ電機に行って「カメラ130万画素以上が付いていて出来るだけ安いものはないですか?」 聞いたところ、何と言う事か!0円の物があると言う。3Gシリーズで古いタイプの物が処分品になっているのだそうだ。 迷わず買って?帰る。(名義変更に1900円は掛かる。ミニSDカードも購入。)しかしながらである。 ずっとシャープ製だったのにNEC製にしたら使い方が変わってしまって良く分からない。 説明書がこれまた込み入っていてチンプンカンプン。頑張って何とかメールだけは送れるようになった。

 一昨日と昨日2日続けて三谷幸喜の映画 「みんなのいえ」「ラヂオの時間」 をみる。

 「みんなのいえ」は第2作目で、自らの新居を建築する際に体験した騒動を大きく膨らませて描き下ろしたホームコメディ。 お酒落なマイホームを夢見る若夫婦が新進気鋭のインテリア・デザイナーに設計を依頼するのだが、 妻の父親で頑固な大工が施工を行うこととなり、正反対の性格であるふたりは対立を繰り返す・・・

 第1作目の「ラヂオの時間」は、ラジオ局内で繰り広げられるドタバタ劇をコミカルに描く。 懸賞で選ばれた普通の主婦の脚本で、本人も見学しながら生放送のラジオドラマが始まる。 そんな中、突然主演の人気女優が設定を変えたいと文句を言い始た事を皮切りに、次々と問題が発生して 中身は最初と似ても似つかぬものになってしまう。

 三谷幸喜は気の小さめで優しい人なのだろう。今まで自分が置かれた苦しい立場の時を思いだし、この脚本を 書いたと思われる。その場しのぎの妥協を迫られ思い悩んだ経験が織り込まれている。しかし自分を見失うほどの妥協は したくない、最後は皆で笑って終わりたいと言う思いがこの映画のラストに表れている。            
 
写真はどんな風に撮れるだろうか?




八木さんも田中さんも演技が良い。

      ★★★☆☆



抱腹絶倒で、編み物しながら見ていたら、「お母さんは平和だね〜」と言われた。 2度見ても面白い。

      ★★★★★





2006/2/4(土)
今日も晴れたが寒い。プールは休み。

 今日は蒲田の「ユザワヤ」に毛糸を見に行く。 関東で一番の手芸の店ユザワヤには季節関係なしに毛糸が沢山ある。 綺麗な色で優しい肌ざわりの物を探す。色違いを2種類。ドイツ製で1玉600円。 近所にモモパパババのお姉さんが住んでいるので、おばさんとお揃いにでもと思った。

 帰りに近所に住む「ポコちゃん」7歳の女の子。ポメラニアンでは珍しく、日中は外で飼われている。 それなのに病気一つしないという。いつも杖をついたおじいちゃんと散歩している。

 昨日韓国の映画「八月のクリスマス」 を見た。「四月の雪」の監督のホ・ジノが監督。「シュリ」で日本で一躍有名になったハン・ソッキュと 先日結婚して引退したシム・ウナの主演で、「シュリ」の1年前の作品。シム・ウナは清純で、日本で言うと 吉永小百合のイメージが有る。
 不治の病を抱えた写真館の青年と彼に想いを寄せる駐車違反取り締まり員の女性のさわやかで切ないラブ・ストーリー。 ラストが???? これで最後?って感じ。ホ・ジノ監督の作品は皆こんな感じなのか?メリハリはないが、じわ〜っと染み入る感じの映画。      

韓国映画のイメージを塗り替えた映画だそうだ。

  ★★★☆☆



広いフロアー2階分全部毛糸売り場。




刺繍売り場には世界中の刺繍糸とキットがある。




薄紫のモヘヤ。




色違いの薄いスモークグリーン。



  
ポコちゃんはいつも元気!






2006/2/3(金)
今日は朝から晴れて最高気温が15℃にもなるみたいだ。プールに行く。

 今日は節分で何やら巻き寿司を切らずに丸かじりする日だそうだ。何時からだろうか? 値段は店によってまちまちで、何時も買スーパーで普段398円の物が498円で売られていた。 気に入らない。しかし、4本買って帰る。手抜きが出来るので大歓迎だ。これに又茶碗蒸しと焼き魚で 完璧な晩御飯になる。豆まきの豆を買って帰るのを忘れた。

 今日のプールで楽しい話を聞いた。ダックスフントの「マロンちゃん」ママのハーさん(若く見えるが確か60歳前後の はず。)はお祖父ちゃんの心配をしてくれた方で、近況を話した。お祖父ちゃんの話からモモパパの話になり、 「ご主人はは家の手伝いをするか?」と聞かれた。ハーさんのご主人は70歳だそうだが、フランクな方で お買い物から料理まで細々と家の事をされるそうだ。この年齢にしては珍しい。未だ現役で働いていらっしゃって、 趣味も多くお友達も多い方だと聞いた。娘や孫にご馳走する事を楽しみになさっているそうだ。
 「良いですね〜」と羨ましく思った私は、こんな方は何処かに欠点はないかと個人的な興味から色々質問した。 「ありがとうとか悪かったね。とか言える方ですか?」 とか「若い頃に浮気で苦労しませんでしたか?」  とか聞いてみても欠点はなさそうだった。見た目は人間性とは関係ないのであえて聞かなかった。
 お兄さんのお友達だったそうなので性格は折り紙つきだったのだろう。此処1年くらいからだの調子を崩しているそうで 心配な事だ。
 ハーさんは楽しい人で、御主人のお腹の調子が悪いと聞き、ビオフェルミンを教えてあげたら、プールに来る日は バスの回数券以外に現金は500円も持ってないから今日は買って帰れないと仰る。 「出先で何があるか分からないから3千円位は持っててくださいよ。」と話して大笑いした。 毎月1日はレディースデイで映画が千円になるそうで、3月1日に一緒に映画を見に行く約束をした。 未だ1ケ月先になるから何が良いか考えておこう。


 


    作って見たら私の大好きな色(茶色ぎみの巨峰色)だったので
    自分の物になってしまった。又別のを編むつもり。    
  
「お日様、はずれてますよ。」って感じ。






2006/2/2(木)
今日は朝から曇りがち。プールは休み。

 スーパーに買い物に行く他変わった事なし。昨日プールの友達に可愛い2匹の 「バセンジー」の女の子 の写真を頂く。名前は「ヨーデルちゃん」1歳と、昨年末、犬や猫の催し物で1万円で買った「キャロルちゃん」。2匹とも 大変おてんばで、毎日嬉しい悲鳴を上げているそうだ。 キャロルちゃんは控えめで、貰われてきた自分の立場を心得ているそうだ。バセンジーは吠えない犬として知られるが、 吠える時はヨーデルのように吠えるそうだが、それでヨーデルちゃんなのかも知れない。

 今日も引き続きテレビ東京で「黄昏」 を見る。ニューイングランドの別荘でバカンスを過ごす老夫婦のもとに、娘がやってきた。 父親は愛情の示し方がわからず、それが故に、父娘の仲は疎遠になっていた。だが、娘のつれてきた孫を通じて、 彼は変わっていく。実際のヘンリー・フォンダとジェーン・フォンダもこの映画のように仲違いしていたそうだ。 ジェーン・フォンダが父の為に作った映画だそうだが、そう思ってみると見る目も変わる。
 老夫婦がお互いを慈しむ台詞もアメリカだから言える言葉で、日本でもこのようにやって見れば、熟年離婚も 半減するに違いない。




「ウェルカム・ツー・マイハウス」で玄関に飾ってある。
     
  
左がワガママ「ヨーデルちゃん」



  
為になる映画だった。

  ★★★★☆





2006/2/1(水)
早いもので今年ももう2月に入った。朝から雨。プールに行く。

 昨日までパッとしない毎日だったが、今日辺りから少し霧が晴れた感じ。 歯の治療後少し体重が500グラム減ったが、女の目は鋭いもので、プールで「痩せた?」 と聞かれる。肩の辺りが痩せて見えたのだそうだ。しかし調子が戻るとあっという間に元に戻ってしまう。
 何故不調だったかと言うと、腰は痛い、歯の治療で口内炎になりかけ、しかも噛み合わせが変わって顎の調子もイマイチ。 モモパパのが移って膝もおかしくすっきりしなかった。昨日なんて左足の裏が何故だかチクチクしてヤナ感じ。 腰は毎日プールに行って泳げば良くなる、歯も時間が薬、足の裏と膝は気のせいだし。痛みが無くなれば元気が戻る。

 痛みと言えば、人間気の持ち様で痛みは10倍にまでなるそうだ。「如何して痛くなったのだろう?」 とか 「どうしたら治るのか?」 とか「何時になったらなおるのか?」 とか思えば思うほど痛さが増すのだそうだ。
 最近痛い事の多い私は、痛くなるのが嫌なので、出来るだけ痛い事を考えないように心掛けているのだが、 そんなことを考えるのも気にしている証拠だ。考えても仕方の無いことは仕方ないと思うしかない。

 今日お昼のテレビ東京で、 「キャサリン・ヘプバーン」主演の1955年(未だ生まれてない。)の映画 「旅情」を見る。考えてみるとキャサリン・ヘプバーンの映画を見るのは初めてだった。そんなに美人じゃないけれど スタイルはとても良い。何よりも知的で個性的だった。しかしこの映画のときの年齢は既に48歳で、もっと若い頃の映画も 見て見たい。
 ベニスに観光で訪れた結婚に恵まれない女性が、ハンサムな男性と知り合う。彼の案内でベニスを観てまわる内、 次第に淡い恋心を抱いていく。だが、彼には子供と別居中の妻がが居ることを知って、自分がからかわれていたと思い込み、 ベニスを立ち去る決心をする。ベニスの景色が美しい。昔の映画は情緒が有って良い。




フォトショップエレメンツで編集すると・・・・・




      何と!リードが無くなった。(技術が未熟で少し汚い。)
      写真屋では1枚に付き5千円くらいで編集している。

     
  
  ファッションも見もの。

    ★★★☆☆





inserted by FC2 system